スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<はやぶさ>任務完了 7年の旅、ありがとう 「神がかり的だった」(毎日新聞)

 ◇JAXA川口教授「夢のよう」

 おかえり、そしてありがとう--。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終えた。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

 「この7年、こちらの指令をけなげにこなし、身をていしてカプセルを届けてくれた。明日から運用がないという事実を、受け入れられないでいる」

 はやぶさの運用を管制する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)では、カプセル着地後、日付が変わった14日午前0時過ぎからプロジェクトチームが会見に臨んだ。プロジェクトを率いた川口淳一郎JAXA教授は成功の喜びに浸りながらも、はやぶさとの別れを惜しんだ。

 いつもはクールな川口さんが、珍しく感傷的な表情を浮かべ、計画を振り返る。

 「この計画は欧米と比べても背伸びした計画」。その一方で、世界初の偉業を「幸運」と言う。「神がかり的だった。今、こうして(成功の)会見の場にいることが夢のよう」とも話した。

 一方「このような挑戦がどこかで行われないと先が見えてこない。(宇宙開発技術の)持続的な可能性を支えるために、こういう挑戦は必要」と、後継機の開発を含む今後の技術開発の重要性を強調した。

 はやぶさの成功で「日本の惑星探査に自信と希望を与えられた」と自負も見せたが「この瞬間から技術の離散と風化が始まっている。将来につながるミッションが必要だ」と言い切った。【藤野基文、西川拓】

【関連ニュース】
はやぶさ:任務完了…JAXA教授「神がかり的だった」
はやぶさ:世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認
はやぶさ:「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る
はやぶさ:カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還

大麻所持の元府立高教頭に求刑6月 「吸引70~80回、学校にも」(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
20日までの完了目指す=未処理3万頭―政府対策本部(時事通信)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
スポンサーサイト

トイレで男性拳銃自殺か=アクアラインPAで―千葉・木更津(時事通信)

 4日午前9時55分ごろ、千葉県木更津市の東京湾アクアライン海ほたるパーキングエリア(PA)で、「トイレ内で男性が倒れている」と110番があった。県警木更津署員が駆け付けたところ、30~50歳代の男性が頭から血を流して倒れており、死亡が確認された。体の下に拳銃が落ちており、同署は自殺とみて身元確認を急ぐ。
 同署によると、午前9時50分ごろ、清掃作業員の女性が海ほたるPA2階の多目的トイレを清掃しようとしたところ、鍵が掛かっていたという。同僚男性とともに鍵を開けたところ、うつぶせに倒れている男性を発見した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕押収銃器~ペンシル型拳銃から機関銃まで~
改造拳銃11丁を所持=容疑で福岡県警警部補追送検
組事務所立ち退きで和解=暴追センター、ビル買い取りも
ビル解体工事現場で発砲=看板に弾痕、男2人逃走
改正銃刀法への対応を協議=ライフル射撃協会

議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
<お結び課>若い男女の婚活をお手伝い 佐賀県武雄市で(毎日新聞)
かわいそうで仕方ない=首相辞任表明で鳩山邦氏(時事通信)
中学で窓ガラス割られ花壇も荒らされる 兵庫・姫路(産経新聞)
鬼花火 湯の街の夜空に次々…登別温泉で幕開け 北海道(毎日新聞)

江本氏、国民新党から立候補(産経新聞)

 国民新党は26日、今夏の参院選比例代表に元プロ野球選手、江本孟紀(たけのり)元参院議員(62)を擁立すると発表した。江本氏は阪神タイガースなどで投手として活躍。平成4年の参院選比例代表でスポーツ平和党から初当選した。10年に民主党に入り再選を果たした。16年に離党し、大阪府知事選に出馬したが落選し、プロ野球評論家として活動していた。

 江本氏はこの日の記者会見で、自民党が堀内恒夫氏(62)、たちあがれ日本が中畑清氏(56)と、巨人軍のOB選手の出馬が相次いでいることに対し、「(議員経験でいえば)向こうは育成選手で、私は即戦力だ」とライバル心をむき出しにしていた。

【関連記事】
「議席持てるの?」 突然の山田区長辞職に戸惑い
河村市長、独自候補擁立を検討 参院選で「減税日本」から
新党改革、鳩山邦夫氏の長男を擁立へ
ヤワラちゃんで投票OK? 愛称の浸透度がポイント
エモやん出馬で注目度上がる22年会 団魂世代が元気アピール
虐待が子供に与える「傷」とは?

<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
<水俣病>第三者委員会座長に元水俣市長の吉井氏(毎日新聞)
「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣(読売新聞)
大阪・府営住宅から小5男児が転落?死亡(読売新聞)

ポイント故障でJR総武線など一時運転見合わせ(読売新聞)

 15日午前7時39分頃、JR錦糸町駅でポイント故障があった。

 この影響で、総武快速線、中央・総武各駅停車は上下線で一時運転を見合わせた。

ニセ女医事件、病院は医師検索システム知らず(読売新聞)
<婚活>コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求-横浜地裁(時事通信)
<殺人>夫婦の焼死体発見 長男を容疑で逮捕 静岡・磐田(毎日新聞)

移設あくまで国外・県外…社民、連立離脱論も(読売新聞)

 社民党は10日夜の三役拡大懇談会で、沖縄県の普天間飛行場移設問題について、あくまでも、国外・県外移設を求めていくことを鮮明にした。

 政府が県内移設を模索していることに対し、沖縄選出の社民党議員らからは連立離脱論が浮上しており、党執行部は対応に苦慮している。

 懇談会には、党首の福島消費者相、又市征治副党首、重野幹事長、沖縄選出の照屋寛徳国会対策委員長らが出席し、米領グアムなどへの移設を求めていく方針を決めた。「真の解決をしたいというのが沖縄の声だ」(福島氏)として、5月末にこだわらず、粘り強く米政府と交渉することでも一致した。

 執行部は、連立を離脱せず、政権内で発言権を強めていく作戦だ。県内移設に対して反対姿勢を明確にしたのも、党内の不満の「ガス抜き」を図る狙いがある。

 ただ、党内では、鳩山首相への不信感も芽生え始めている。10日午前には、沖縄出身の山内徳信参院議員が首相官邸前で与党議員としては異例の演説を行い、「沖縄の海に杭を打つことは狂気のさただ」と訴えた。

水上バイク2台転覆、2人死亡・1人心肺停止(読売新聞)
<普天間>政府案骨格決定 くい打ち方式、徳之島移転など(毎日新聞)
赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見-熊本(時事通信)
足利事件の主任弁護人が検察官に講演、捜査を批判 (産経新聞)
クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)
プロフィール

ミスターくにおところ

Author:ミスターくにおところ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。